【WDW】何がベスト?WDWでの支払い方法を解説します

今回はWDWでのお会計について紹介します。

WDWでは、現金やクレジットカードでの支払いの他、マジックバンドを利用した支払いが可能となっており、何で支払うか選ぶことができます。

レストランで食事したり、ショップでお買い物をした時に何でどんな風に支払えばいいのか不安になる方も多いかと思いますが、全く難しいことはないので大丈夫です。

事前に準備が必要なこともあるので、自分の旅行スタイルに合わせて最適な支払い方法を見つけましょう。

スポンサーリンク

支払い方法は主に3つ

冒頭で記載した通り、WDWでの支払い方法は主に以下の3つです。

  1. 現金
  2. クレジットカード
  3. マジックバンド

それぞれ特徴がり、注意が必要な点もあるのでそれぞれ紹介します。

現金

日本でもポピュラーなのはやはり現金払い。お会計の際に必要な金額を渡せばOKです。

WDWで利用できる通貨はアメリカドルなので、事前に銀行や空港で両替しておきましょう
もし両替を忘れてしまったり、足りなくなってしまった場合は、WDW内のゲストリレーションや直営ホテルのコンシェルジュデスクで両替をすることができます。

注意しないといけないのは、長期旅行の場合は多額の現金を持ち歩くのでその分狙われる可能性が高いということ。
とにかく防犯対策が必須です。

パークで夢中で遊んでたらお財布が消えた…なんてことにならないように、スリや置き引きなどの盗難・紛失に最大限気をつけましょう。

クレジットカード

もちろんクレジットカードも日本と同様に使うことができます。

2019年3月現在、WDWでは下記のクレジットカードの使用が可能です。

  • Visa
  • MasterCard
  • American Express
  • Discover Card
  • Diners Club Charge Card
  • JCB (Japan Credit Bureau)

なお、クレジットカードを利用する場合は利用限度額に注意が必要です。

1枚のクレジットカードで様々なお買い物をする場合、利用限度額に達してしまいカード決済ができない、ということもあり得ます。

大抵、クレジットカード会社へ連絡すれば一時的に利用限度額を引き上げられるので、旅行前に利用限度額を確認し、足りなさそうであれば引き上げておきましょう
(利用限度額の引き上げには審査に時間がかかる場合があります)

マジックバンド

支払い時だけで言えば一番簡単なのはマジックバンドでの支払いです。

wdw-payment-1

お会計の際は、レジにある端末(クレジットカードの決済端末と一緒になってることが多いです)や店員さんの持ってくる決済端末にマジックバンドをかざしてPINコード(4桁の暗証番号)を入力すればOKなので、とっても簡単で楽ちん。

現金もカードもいらないので、手ぶらでお買い物やパークに遊びに行けちゃいます

なお、お財布としてマジックバンドを使用する場合は、事前にクレジットカード情報とPINコードの登録が必要なのでご注意を。
登録については、WDW公式ホームページMy Disney Experienceから行うことができます。

また、マジックバンドで利用した金額はクレジットカードから引き落とされるので、クレジットカード使用時と同じく利用限度額の確認と引き上げについても忘れずに行いましょう

おすすめの支払い方法は

主な支払い方法について紹介しましたが、最終的にどれがおすすめかと言うと、やはりマジックバンド一択です。

お財布と違って常に腕につけているので誰かに盗まれる心配もなく、支払い時もサッとかざしてPINコードを入れるだけなので非常に便利でした。

特に海外旅行時はなるべく現金を持ち歩きたくなく、またパークの荷物は極力小さくしたかったのですが、マジックバンドがあったおかげで、パーク内に持って行ったお財布はクレジットカード2枚と現金5ドルが入った小さなポーチだけで済みました。

 WDW内であれば基本的にマジックバンドのみでも対応することができますが、チップ支払い時やWDW外(空港内やタクシー利用時など)では現金が必要になる場面もあるので、多少は現金の用意も必要です。
目的地がWDWのみで基本的に全てマジックバンドで支払う場合であれば、1人50ドルくらいの現金があれば十分です。

まとめ

外国でお会計をするのは緊張するかもしれませんが、慣れれば意外と簡単です。

何で支払うかは自由ですが、一番大事なのは思わぬトラブルに巻き込まれないよう、安全面に配慮しつつ事前準備を怠らないこと。

宿泊する場所や食事の場所でチップに必要な金額も変わりますし、ベストな支払い方法も旅程によって異なるので、どんな風に過ごすかを出発前までに決めておくと安心ですよ。

スポンサーリンク
おすすめの記事