【WDW】ルームサービスを頼んでみよう

今回はWDWのルームサービスについて紹介します。

WDW公式ホテルに宿泊予定の方はもちろん、ダイニング・プランを申し込んでいる方でテーブルサービスポイントが付いている方はルームサービスでも適用することができるので、ダイニング・プランを利用する方にもルームサービスはおすすめです。

2018年に旅行に行った際にアニマルキングダム・ロッジで利用してみたので、その様子を交えながら、ルームサービスの注文方法をシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

ルームサービスのメリットとデメリット

メリット

くつろぎながら食事を楽しめる

パークやホテルのレストランと違い、宿泊している部屋で知っている人たちだけで食事できるのでリラックスしながら食事を楽しむことができます。

私たちは帰国前夜の夕食でルームサービスを頼んだのですが、お料理の味以上に好きな人とのんびりと食事できることが本当に嬉しかったのをよく覚えています。
外国ということもあり滞在中は食事の際も常に気を張っていたましたが、この時初めて心からくつろいで食事できました。

また、眺めのいい部屋に宿泊している方は、ルームサービスを注文してバルコニーで食事をするのも素敵だと思います。

ダイニング・プラン適用可能

テーブルサービスが利用可能なダイニング・プラン(ディズニー・ダイニング・プランまたはデラックス・ダイニング・プラン)を申し込んでいる場合は、ダイニング・プランのポイントをルームサービスの支払いに充てることができます。

なお、テーブルサービスを利用する場合は1回につき2ポイント消費するので注意が必要です。

事前にルームサービスを注文する予定がある方は事前に調整しておくとポイント不足を防げるのでおすすめです。

逆にテーブルサービスポイントが余っていてる方はルームサービスを利用して使い切ってしまうのも一つの手だと思います。
(私たちも現地で急きょレストランの予約をキャンセルした結果、ポイントが余ってしまったのでルームサービスに切り替えました)

デメリット

全て英語

残念ながらメニューも注文も全て英語で対応しなければなりません…。
※もしかしたら日本語メニューや日本語を話せるスタッフを頼むこともできるかもしれませんが、特に依頼しない限りは選択肢は英語のみです

ただし、メニューは料理名の下に調理方法や食材名がずらっと書かれているので、ネットで調べれば何となく理解することはできます。
(画像検索がわかりやすくておすすめです!)

wdw-how-to-order-roomservice_1

また、注文は“Coffee, please”のように単語レベルで言ってもわかってもらえるのでそこまで恐れることはないです。

もしも何を言っているのかわからないことがあれば“Could/Would you say that again? (もう一度言ってもらえますか)”のように聞き返すと、ゆっくり言い直してくれたり簡単な言葉で言い換えてくれたりします。
なかなか勇気がいるかと思いますが、お互いの誤解を避けるためにも頑張って聞いてみましょう!

注文方法

私たちは宿泊していたアニマルキングダム・ロッジ(ジャンボハウス)で注文したので、その時の様子をもとに紹介します。

料理を選ぶ

部屋に用意されているメニューから注文する料理を選びます。

メニューはパーク紹介の冊子等と一緒に置いてあるので探してみてください。
(表紙には“Room Service”と書かれておらず、“Private Dining”と書かれていることもあります)

wdw-how-to-order-roomservice_2

なお、ダイニング・プランを利用する場合は通常のレストランと同様に①メイン ②デザート ③ドリンクで1セットです。

また、メインはお肉を選ぶと焼き加減を、ドリンクはサイズ(スモールまたはラージの2択です)を聞かれるので、そこまでどうするか考えておくと電話で焦らずに済みます◎
(ちなみにドリンクに関してはコーヒーはダイニング・プラン対象外なので、オレンジジュースやコーラなどのソフトドリンクから選ぶようにとのことでした)

注文する

部屋にある電話から注文します。

wdw-how-to-order-roomservice_3

 注文時に部屋番号を聞かれるので事前に部屋番号を確認して控えておきましょう。

私たちが注文した際は下記のような流れでした。

  1. 電話にある“Dining Option”のボタンを押す
    (どこのボタンを押す/何番に電話するかはメニューに書かれています)
  2. アナウンスが流れるので、指示された番号を押す
    (この時は「ルームサービスの注文は1を、その他の食事に関する問い合わせは2を押してください」という指示でした)
  3. オペレータにつながるのでルームサービスを使いたいことを伝える。
  4. 部屋番号と名字(ラストネーム)を伝える
  5. ゲストの数(何人分か)を聞かれるので人数を答える
  6. 注文内容を伝える
  7. オペレータが注文内容を確認し、待ち時間を言われて問題なければ電話を切る

これで注文は完了です。

なお、私は7で注文内容を確認してもらった際に、ダイニング・プランを使いたいことを伝えました。
(この時にコーヒーはダイニング・プランでは注文できないと言われてアップルジュースに変更したので、もしかしたら他にも注文不可のものがあるかもしれません)

料理を受け取る

用意ができると、スタッフの方が部屋に直接料理を届けてくれ、テーブルにセットしてくれます。
私たちの時は注文時に45分くらいと言われたのですが、時間通りに持って来てくれました。

wdw-how-to-order-roomservice_4

この時にレシートを渡されるのでチップの金額やサインを書いて店員さんに渡して完了です。

wdw-how-to-order-roomservice_5

なお、私が渡されたレシートには普通に金額が書かれていたので届けてくれたスタッフの方にもダイニング・プランを利用する旨を伝えると「OK!言っておくよ~」という感じだったので不安ではありましたが、アプリのダイニング・プランのポイント利用履歴ではポイントがちゃんと引かれていたので一安心でした。(もちろん支払いの請求もされていません)

食事終了後

食事が終わったら、食器を部屋の外に出しておきましょう。

ドアの横に置いておけば後で回収してもらえます。

まとめ

「英語で電話なんて絶対無理!」と思う方もいるかもしれませんが、案外なんとかなります。

大事なことは、わからないことがあったら勇気を出して聞き返すことです。

パークで食べる食事も楽しいですが、ホテルのお部屋でゆっくり食べる食事も格別に美味しいです。
特にプールビューなど眺めのいいお部屋に宿泊する方はぜひ頼んでみることをおすすめします。

スポンサーリンク
おすすめの記事