【WDW】パーク内の食事&飲み物事情

WDWでアトラクションやキャラクターグリーティングに次いで大事なのが、食事や飲み物。

あまり気にしない方もいるかと思いますが、日本とは味も量も価格帯も違いますし、何より毎日のことなのである程度知っておいた方が安心です。

そこで今回は、7泊9日間の旅行に行ってわかったことをシェアしたいと思いますので、これから旅行を考えている方にぜひ参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

食事編

やっぱり味は濃いめ

どのようなレストランを予約するかにもよりますが、日本のレストランに比べると味が濃いものが圧倒的に多いです。(日本食レストランですら味が濃くて喉が渇きました)

しっかりした味付けがお好みの方はいいと思いますが、薄味が好きな方やこってりしたお料理があまり得意ではない方はサラダを多めに食べたり、ヨーグルトやフルーツを食事に取り入れたりして調整するといいと思います。

ちなみにそれぞれのお料理はかなりボリューミーなので、少食の方は2人で1人前をシェアするのがおすすめです。

WDWは見た目が可愛いお料理もたくさんあるのでたくさんの種類を食べたくなる気持ちはわかりますが、想像以上に味が濃い上に量も多く、思っているほど食べられないことが多いので購入するのはほどほどに抑えておくのが賢いと思います。

レストラン予約は必要?

WDW内には様々なレストランがありますが、予約の必要性はどんなお店で食事をしたいかによって変わってきます。

例えば、テーブルサービスのお店であれば予約必須のお店がほとんどです。
予約をしていても待ち時間が発生することが多く、食事の時間からずれた中途半端な時間でも数グループが待っているところもよく見かけました。

ビー・アワー・ゲスト・レストランやル・セリエ・ステーキハウス等の大人気レストランは予約枠だけでいっぱい、その予約すらも非常に難しいということも多々あるので、行ってみたいなと思うレストランがあればできるだけ早くレストラン予約をしましょう。

wdw-food-and-drink_1

ビー・アワー・ゲスト・レストランは開園直後でもすでに行列ができていました。

なお、クイックサービスのお店はお昼時は非常に混んでいますが、時間帯をずらせばすんなり座れますし、座席数が多いお店であればお昼時でも意外とポツポツ席が空いているので、気軽に入ることができます。

またワゴンフードや、イベント開催時のエプコットに行かれる方はワールドショーケースにあるフードブースで食事を購入し、食べ歩きを楽しむのもおすすめです。

飲み物編

どこに行っても炭酸飲料

WDW内の飲み物は炭酸飲料ばかりです。

コーラ、スプライト、ファンタetc…いろいろな炭酸飲料をたっぷり(日本より1サイズくらい大きいです)飲むことができます。

wdw-food-and-drink_2

炭酸好きにはたまらない世界かもしれませんが、炭酸飲料が苦手な人はもしかしたらちょっと大変かもしれません。

お店によってはペットボトルやパックに入ったオレンジュースやリンゴジュースも販売しているので、炭酸飲料以外を飲みたい方は見つけた時に買っておくと安心かもしれません。

wdw-food-and-drink_3

コーヒー好きの救世主…!?スターバックス

すでに記載した通り、WDW内の飲み物は炭酸飲料やジュースが大多数を占めるため、実は日本では非常にポピュラーなあの飲み物がなかなか手に入りません。

それは何かというと、アイスコーヒーです。

レストランでもコンビニでも自動販売機でもどこでも売っているアイスコーヒーがWDWでは全く売っていません!
テーブルサービスのお店でディナーをした時にホットコーヒーを頼むと用意してくれることはありましたが、他のお店ではイスコーヒーはほぼゼロ!!

炭酸飲料も甘いジュースも苦手、毎日水の代わりにコーヒーを飲んでいるうちの夫は、旅行中、気がつくとゾンビのように「アイスコーヒーが飲みたい…アイスコーヒー…」とつぶやいていました。

ちなみに
夫がホットコーヒーを飲んだのは以下の3箇所です。
  • トニーズ・タウンスクエア・レストラン(マジックキングダム)
  • ドナルドのサファリ・タスカ―・ハウス・レストラン(ディズニー・アニマル・キングダム)
  • ビー・アワー・ゲスト・レストラン(マジックキングダム)

大きなマグカップになみなみと注がれて出てきたり、魔法瓶にたっぷり入ってて出てきたりとなかなか衝撃的でした。

そこで、コーヒー好きの方におすすめしたいのがスターバックスのお店です。

なんとWDW内の4大パークとディズニー・スプリングス内にスターバックスコーヒーの店舗が入っているんです。

  • マジックキングダム・パーク→メインストリート・ベーカリー(Main Street Bakery)
  • エプコットファウンテン・ビュー(Fountain View)
  • ディズニー・ハリウッド・スタジオ→トロリー・カー・カフェ(The Trolley Car Cafe)
  • ディズニー・アニマル・キングダム→クリーチャー・コンフォート(Creature Comforts)
  • ディズニー・スプリングス(2店舗)→スターバックス・アット・ディズニー・スプリングス・マーケットプレイス(STARBUCKSR at Disney Springs Marketplace)/スターバックス・アット・ディズニー・スプリングス・ウェスト・サイド(STARBUCKSR at Disney Springs West Side)

上記のようにパーク内にある店舗は「スターバックス」という名前はついていませんが、日本語ガイドマップの説明欄に「スターバックスのエスプレッソ」と書かれていたり、お店の入り口にスターバックスのロゴマークがあったりするのですぐにわかります。

wdw-food-and-drink_5
wdw-food-and-drink_6

メニューも通常のスタバ同様にエスプレッソやフラペチーノなどのドリンクを楽しむことができ、アイスコーヒーもここでなら注文可能です!!

「ブラックなのに甘い…なんかアイスコーヒーなのにフルーティーなんだよなぁ…」とぼやいていましたが、それでも2回飲んでいたので、アイスコーヒーが飲みたくなったらぜひスターバックスコーヒーのお店に寄ってみてください。

ちなみに、ドリンクの料金は3ドル~5ドルくらいなので日本と同じくらいかと思います。

wdw-food-and-drink_7

ダイニング・プランを申し込んでいる方は、スナックポイントでお支払い可能です。

カップがディズニー仕様でとても可愛いのでお土産として持って帰ってくるのもいいかもしれません。

wdw-food-and-drink_8

パークで販売している水は本当に高い

他の記事でも書きましたが、パーク内で販売しているペットボトル入りのお水はびっくりするくらい高いです。

1本3.5ドル~5.5ドルくらいするので、何も考えずに何本も買っていると水代だけであっという間にお金が飛んで行ってしまいます。

WDW内の気候は蒸し暑い上に遊びまわってすぐに喉が渇くので、水筒を持って行ったり、ダイニング・プランをうまく活用したりして、飲み物代を抑えましょう。

まとめ

WDWの食事と飲み物事情について紹介しました。

様々な点で日本とは違う部分があるので、最初こそびっくりすることもあるかと思いますが、慣れれば意外となんてことはありません。

ただし事前に予約や準備が必要な物もあるため、どんな風に過ごしたいか事前に計画立ててみるのがおすすめです。

スポンサーリンク
おすすめの記事