wdw-book-disneyresorthotel

前回の記事で直営ホテルを紹介しましたが、直営ホテルのいいところは簡単に個人で予約できることです。

そこで今回は、WDW直営ホテルの個人手配についてシェアしたいと思います。

個人手配と旅行代理店等に頼んだ場合のメリットとデメリットそれぞれ紹介しますので、これから予約を考えている方の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

そもそも個人手配は可能なの?

WDWの直営ホテルは公式ホームページから予約することができます。

wdw-book-disneyresorthotel-1

My Disney Experienceのアカウントを作れば誰でも可能です。

ホテルのみの他、ホテルとパークチケットが付いたパッケージなどの予約もできます。

個人手配のメリットとデメリット

メリット

1.安い
なんといっても個人手配は安上がりなのがうれしいところ。

航空券やホテル宿泊費、パークチケット代等であっという間に何十万円にもなってしまうので、安くできるところは抑えるのがポイントです。

2.オプションを好きに選べる
個人的に一番いいと思う点です。WDWはホテルの種類も多いですが、さらにオプションも細かく分かれています。

部屋の種類(プールビューやガーデンビューなど)を選んだり、パークチケットやメモリーメーカーなどの有料オプションを追加したり、完全に自分の好みでアレンジできます。

3.その他の予約もスムーズ
個人手配は自分のアカウントでホームページから直接行うため、その場で予約状況や予約番号がすぐにわかります。

レストラン予約やファストパス予約はホテルの予約情報と紐づけられるため、予約番号の確認や事前の紐づけ作業も簡単です。

デメリット

1.手間
自分で予約しないといけないのでやはり手間と言えば手間です。

何もしたくない!完全にお任せしたい!という方にはあまりおすすめできません…。

2.英語
残念ながら、WDWの予約サイトは全て英語です。

なので最初は難しそうに見えるかもしれません。が、内容は通常のホテル予約サイトと一緒なのでそこまで難しくないです。

そして直営ホテルは日本語通訳サービスがあるので、困ったときは日本語で対応してもらえます。
(現地でもホテルのフロントやパークのゲストリレーションズで日本語通訳サービスを利用することができます)

旅行代理店や予約代行を利用するメリットとデメリット

メリット

旅行代理店や予約代行を利用するメリットは個人手配のデメリットの逆で、時間の節約ができること全て日本語の安心感があるところ

プランさえ選べば細かい手続きは必要なく、何かあっても日本語スタッフを経由して確認してもらえるのが強みだと思います。

ちなみに、今回の私たちの旅行を手配するにあたり、プロモーション付きのプランがあっという間に埋まってしまったので、某予約代行サイトに空き枠があるか確認したのですが、公式サイトで予約が埋まっている場合は同じく用意できないとのこと。

特別枠のようなものがあるかと思っていたのですが、そんなことはないようでした…。

デメリット

デメリットはとにかく費用が高いことです。

今回私たちが予約したプランと同じ下記の条件(航空券のみ利用航空会社が違います)で某旅行代理店のプランを比較すると…

予約条件
  • ホテル:ディズニー・ポート・オーリンズ フレンチ・クオーター
  • 航空券:最も費用が安いユナイテッド航空利用を想定
  • ディズニー・ダイニング・プランあり
  • メモリーメーカーの事前購入あり

私たちの予約金額…620,166円
某旅行代理店の予約金額…982,800円

なんと362,634円の差…!!

びっくりするほど高いです。。。

さらに業者によっては予約が確定した時点でキャンセル料が発生することもあるので、業者選びと予約時期を慎重に検討する必要があります。

まとめ

冒頭から書いている通り、直営ホテルを利用するのであれば断然個人手配がおすすめです。

最初は勇気がいるかもしれませんが、意外と簡単ですし、いざとなればキャンセルもできます(到着30日間までキャンセル無料)。

WDWへ行く方は旅程もわりと長めの方が多いと思いますので、ぜひ自分にぴったりホテルとお部屋を見つけて快適な旅をお楽しみください!

スポンサーリンク
おすすめの記事