WDW旅行2018:本編#15 7日目(アニマルキングダム→ホテル散策)

7泊9日間のウォルト・ディズニー・ワールド(WDW)旅行記の7日目です。

7日目は午前中にアニマルキングダムパークへ行き、午後は宿泊先のアニマルキングダム・ロッジでのんびりと過ごしました。

アニマルキングダムでは2度目の「アバター・フライト・オブ・パッセージ」に乗り、アフリカエリアの奥にある「ラフィキズ・プラネット・ウォッチ」に行ったので、それぞれの様子を紹介します。

また、ホテルでは中庭を散歩したり、テーブルサービスポイントを使ってルームサービスを頼んだりしたので、アニマルキングダム・ロッジに宿泊予定の方もぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

もう一度「アバター・フライト・オブ・パッセージ」に乗りたい

当初は最終日の予定は特になかったのですが、5日目に乗ったアバター・フライト・オブ・パッセージ(Avatar Flight of Passage)に夫も私がもあまりに感動し、再度乗りたいということでアニマルキングダムへ。

5日目に行く時のためにファストパスは予約していましたが、実は最終日の分もファストパスを取っていたんです。

というのも、アトラクションについて調べた際にアバター・フライト・オブ・パッセージ口コミ評価がとても高く、私たちももう一度乗りたくなるのではないかと思い、また、アニマルキングダムならホテルからも近いので、午後に予定があっても午前中にサッと乗りに行けるのではないかと思ったためでした。
必要なければキャンセルしようと軽い気持ちで予約したファストパスですが、まさか本当に乗ることになるとは。

でもそのおかげで朝はのんびり起きてアトラクションに向かうことができました。

Avatar-Flight-of-Passage

 

2日前に同じアトラクションに乗ったばかりでしたがやはり味わったことのない不思議な感覚とこの上ない爽快感が最高に気持ちよかったです。

かなり大型のアトラクション(1列16人×3段=合計48人乗りだと思います)なのでそうそう簡単に別パークに作られることはないと思いますが、本当に素晴らしいのでいつか東京ディズニーリゾートにできてほしいと願うばかりです…!

ワイルドライフ・エクスプレイン・トレイン/Wildlife Express Train

アバター・フライト・オブ・パッセージの後はアフリカエリアへ移動。

5日目に来た時には案内終了していたため乗れなかったワイルドライフ・エクスプレイン・トレインに乗りました。

Wildlife-Express-Train-2
Wildlife-Express-Train-1

席は横並びで2列になっており、後ろの列が高くなっているのでどの席に座っても景色がよく見えます。
電車からは動物の小屋やバックヤード、キリマンジャロ・サファリ(Kilimanjaro Safaris)の様子を覗くことができます。

てっきりどこかを一周してくるタイプの鉄道かと思っていたのですが、なんとアフリカエリアのさらに奥に別エリアがありました。

ラフィキズ・プラネット・ウォッチ/Rafiki's Planet Watch

ワイルドライフ・エクスプレイン・トレインに乗って到着した先はラフィキズ・プラネット・ウォッチ

Rafiki's-Planet-Watch

ここにはコンサベーション・ステーション(Conservation Station)とアフェクション・セクション(Affection Section)の2つの施設があり、動物保護について学ぶことができます。

コンサベーション・ステーションでは動物の飼育や手術に関する展示等がされており、動物を治療している様子も見られました。

また、アフェクション・セクションは動物と実際に触れ合うことができ、放し飼いにされているヤギ、ロバ、羊、ウシ、ラマなどを自由に触ったりブラッシングすることができます。

こちらの2つの施設では様々な虫や動物を間近で見ることができるので、動物の生態などに興味がある方は行ってみると面白いかもしれません。

フレームツリー・バーベキュー/Flame Tree Barbecue

アフリカエリアに帰ってきた後はディスカバリー・アイランドのフレームツリー・バーベキューブランチ。

座席数が非常に多く、奥の方に行くと湖の近くでエクスペディション・エベレスト(Expedition Everest Legend of the Forbidden Mountain)の山を見ながら食事することができます。
席は屋外でしたが、屋根があるので日差しを避けられ、湖からの風も感じられてとても気持ち良かったです。

Flame-Tree-Barbecue-1

昼食時でも座席に余裕があったので、意外と穴場かもしれません。

お料理はクイックサービスポイントとスナックポイントでRibs, Chicken and Pulled Pork SamplerとFrench Fries with Pulled Pork and Cheeseを注文したのですが、それぞれのボリュームがかなり多いです。

Flame-Tree-Barbecue-2

量の多さに加えて味が濃いこともあり、夫婦2人でシェアしても食べきることはできませんでした…

いかにもお肉!という感じのお料理が他にも多かったので、お肉好きの方におすすめのお店です。

アニマルキングダム・ロッジへ

食事の後はディスカバリー・アイランドとオアシスをのんびり散歩しながらホテルへ。

前回アニマルキングダムに来た時は、朝はアトラクションに直行し夜は真っ直ぐ帰宅したのでわからなかったのですが、あちこちで動物の姿を見ることができることにここで気がつきました。

animal-kingdom-park-2
animal-kingdom-park-1

通り道の脇やちょっと奥まったところを見てみると意外と普通にいるのでびっくりしました。

動物がいる場所には動物の名前と生態について書かれたプレートがあるので、ぜひ注意して見てみてください…!

ホテルでまったり

ホテルに到着した後はお部屋のベッドでお昼寝。

WDWに来てお昼寝なんてもったいないと思う方もいるかもしれませんが、せっかくいいホテルに泊まっているにもかかわらず毎日寝に帰るだけだったので、広いベッドでのんびりお昼寝できたのはとても贅沢で幸せな時間でした。

ルームサービスで夕食

お昼寝から起きたのが夕方頃。
2人ともお腹が空いたので夕食をとることに。

3日目のエプコットでル・セリエ・ステーキハウス(Le Cellier Steakhouse)をキャンセルしたことでテーブルサービスポイントが余っていたため、ルームサービスを頼みました。

日本語でも慣れていないルームサービスのオーダーを英語でできるか不安でしたが、せっかくのチャンスなので挑戦してみました。
とっても緊張しましたがなんとか注文に成功。

1時間もかからずお料理を持ってきてくれました。
相変わらず全体的にボリューミーで味は濃いめでしたが、美味しいご飯をお部屋でゆっくり食べられることが何よりも嬉しかったです

room-service

到着初日の深夜に同じテーブルで食べたアメリカご飯の洗礼を思い出して、なんだか感慨深かったです(笑)

ホテルを散策

食事を終えた後は夜のホテルを散策。

中庭に出て、キリンやシマウマなどの動物を間近で見たり(夜でも意外と動物がたくさんいました)、焚き火のそばでロッキングチェアーに揺られながら夫と話したりと、最後にとてもいい時間を過ごすことができました。

animal-kingdom-lodge-1
animal-kingdom-lodge-2

ホテルのアクティビティでナイトサファリツアーをやっているのも見え、いつかアニマルキングダムロッジを満喫する旅行もしてみたくなりました。

散策の後はアニマルキングダムロッジ内のおみやげ屋さん「Zawadi」で翌日の朝食用にフルーツのパックを購入。
また、スナックポイントが余っていたので自分たちへのお土産にクッキーやグミなどのお菓子も買いました。

レジでお会計をする時、たまたま店員さんが日本人の女性の方だったのですが、レジに商品を出すなり

店員さん
はい、こんばんはー。こちらはスナックにされますー?

と聞かれて思わずびっくり。

私たちが日本人で小さなお菓子をいくつか買ったからか、お土産用に小さな袋をいくつかつけてくれたのが嬉しかったです。他にお土産用の袋をつけてくれたり、必要か聞かれたりしたことはありませんでした)

翌日の帰国へ向けて

その後は部屋に帰り、パッキング。

そんなに物は増えないと思ったのですが、詰めても詰めても終わらない…
来るときはスーツケースのスペースに余裕があったものの、荷物が多すぎるあまり、せっかく梱包してもらったマグカップの箱を捨ててるほどぎゅうぎゅうでした。

結局パッキングが終わったのは8日目の明け方。

ほぼ仮眠の状態でしたが、翌日の帰国に備えて最後にぐっすり眠りました。

本編16に続く

スポンサーリンク
おすすめの記事