WDW旅行2018:本編#6 3日目②(エプコット)

7泊9日間のウォルト・ディズニー・ワールド(WDW)旅行記の3日目(後編)です。

前編ではフューチャー・ワールド・ウェストとイーストでアトラクションに乗り、ワールドショーケースの日本館に行ったところまで紹介しました。

後編では再度フューチャー・ワールド・ウェストに戻ってアトラクションを楽しんだり、モノレールに乗ったりしたので、その様子をお届けします。

スポンサーリンク

ル・セリエ・ステーキハウス(Le Cellier Steakhouse)の予約をキャンセル

日本館を出た後は、カナダ館にあるル・セリエ・ステーキハウスへ。

というのも、桂グリルで昼食をとった後にふとお夕飯の時間を確認すると、なんと2時間後に予約が入っていたのです…!
夜のショーのために時間を早くしておいたことをすっかり忘れていた私たち…。

すでにアプリからはキャンセルできなくなっていたので、直接レストランにに向かうことにしました。

レストランに入って受付のお姉さんに、夕方に予約を入れていることと行けなくなったのでキャンセルしたいことを伝えると、OK!と言いながら目の前でPCを操作し「予約情報は全部消えたわよ!」と一言。

キャンセル料については何も言われませんでしたが、キャンセル可能日はとっくに過ぎていたので後日当然支払うものだと思っていたらいつになってもキャンセル料は請求されず…

偶然なのか何なのかよくわかりませんが、無断キャンセルをしていたら確実に支払っていたので、ダメもとでもきちんと伝えるのが大事ですね。

ディズニー/ピクサー・ショート・フィルム・フェスティバル/Disney & Pixar Short Film Festival

ステーキハウスの後はイマジネーション館へ行くことに。

暑い中歩き続けていたので、休憩も兼ねてディズニー/ピクサー・ショート・フィルム・フェスティバルへ入りました。

wdw-6-1

今回やっていた映画は「ミッキーのミニー救出大作戦(Get a Horse!)」、「ひな鳥の冒険(Piper)」、「Feast(愛犬とごちそう)」の3本。
それぞれ、「アナと雪の女王」、「ファインディング・ドリー」、「ベイマックス」と同時上映していた映画です。

普通の映画館のように大きなスクリーンで映画を観ることができます。

上映しているのは短編アニメーションなので、英語がわからなくても十分楽しめると思います。

ジャーニー・イントゥ・イマジネーション・ウィズ・フィグメント/Journey Into Imagination With Figment

映画を観終わった後は同じイマジネーション館ジャーニー・イントゥ・イマジネーション・ウィズ・フィグメントに。

何のアトラクションかわからないまま適当に入ったのですが、本当に謎のアトラクションでした。

wdw-6-2

空想の世界を巡る、というもので、特に激しい動きもなく、ライドに乗っていろいろな部屋を見て回るのですが、最後までよくわからず…。

ただし、一番謎だったのはこのアトラクションのテーマソングがやたら中毒性があること!

しばらく頭から離れなくなり、旅行から一カ月以上たった今でもYouTubeで検索して音楽を聴いてしまいます…(WDWの公式アルバムにも収録されているようです)

アトラクションにも出てきて、歌を歌っている紫色のキャラクター「フィグメント」はエプコット公式キャラクターらしいのですが、このキャラクターまでかわいく見えてくるので不思議です。

休憩がてらでいいのでぜひ一度乗ってみてほしいアトラクションです。(私は次回も必ず乗ります)

エレクトリック・アンブレラ(Electric Umbrella)で休憩→ゲストリレーションへ

イマジネーション館を出た後は、小腹が空いたのでエレクトリック・アンブレラで休憩。

スナックポイントを使ってフルーツとブラウニーを頼みました。

wdw-6-3 wdw-6-4

席でゆっくり休憩した後はすぐ隣にあるゲストリレーションへ向かいます。

実は初日にもらったセレブレーションボタンをエプコットのどこかでなくしてしまったので、新たにもらいに行きました。

ゲストリレーションズに入るとすぐにどうしたの聞かれたので、夫のボタンを指しながら同じものが欲しいことを伝えるとあっさりくれました。

ちなみに、おそらくボタンを落としたのはソアリンの荷物を入れる時だと思います。(写真で確認しました)
小さな荷物入れに大きなリュックを強く押し込んで、出すときも引っ張って出したので、その時に取れた可能性が高いです…。

別の日ですが夫のバッチも突然ポロっと落ちたことがあったので、ボタンをカバンや服に付けている方はお気をつけください…。

シー・ウィズ・ニモ&フレンズ/The Seas with Nemo & Friends

ゲストリレーションズでボタンをもらった後は、シー・ウィズ・ニモ&フレンズへ。

wdw-6-5

ファストパスを予約していたのですが、開始時間まで余裕があったので、先に中のシーベース(SeaBase)に行ってぶらぶらすることにしました。

シーベースはちょっとした水族館のようになっていて、いろんな魚がいる水槽がいくつもある上にイルカやマナティーまで見られます。
マナティーの箇所は生態を詳しく説明するコーナもありました。

wdw-6-6 wdw-6-7

水槽を見て回った後は、アトラクションに乗車。
貝殻の形のライドに乗ってサンゴ礁やニモ達のいる海の世界を楽しむことができるアトラクションでとてもきれいでしたが、疲れすぎて一部記憶が欠けています…

モノレールでエプコットを一周

シー・ウィズ・ニモ&フレンズに乗った後は、夫がモノレールに乗りたいと言ったのでパークから出てモノレール乗り場へ向かいます。

このモノレールはエプコットのアトラクションではなく、パークやホテルへの移動に使うモノレールですが、無料で誰でも乗ることが可能です。

エプコットからはトランスポーテーション&チケットセンター(TTC)行きのモノレールが出ており、それに乗るとTTCへ行って乗り継ぎ等ができるほか、そのまま乗っていればまたエプコットに帰ってくることができます。

今回はモノレールに乗りたいだけだったので、エプコットからTTCへ行き、そのまま乗ってエプコットにまた帰ってきました。

ちなみに、ワールドショーケース手前までエプコット内をぐるっと回っている線路を走るのはエプコットに入ってくる(戻ってくる)時です

上からエプコットを見ながら回れるのでなかなか楽しかったです。

エレクトリック・アンブレラ(Electric Umbrella)で再度休憩

モノレールから降りると、天気が怪しくなっていました。

雨は降っていないものの空が暗く、雷が鳴っていて、地元の人と思われる人たちがぞろぞろ帰っていくので私たちも帰ろうか迷ったのですが、どうしても夜のショーが見たかったのでとりあえず回復を待つことに。

すでにとても疲れていたので、エレクトリック・アンブレラに入って再度休憩することにしました。

サラダを1つ頼んでシェアしつつ、空模様を伺います。

ぐだぐだと過ごしているうちにあっという間にショーの時間に。

レストランから多くの人が帰っている様子が見えたので不安ではありましたが、中止の様子もないので会場へ向かいます。

イルミネーションズ:リフレクションズ・オブ・アース/IllumiNations: Reflections of Earth

このショーは事前にファストパスを取っていたので、ファストパスエリアへ。

ファストパスの入り口がわかるか不安でしたが、パネルを持ったスタッフの方とマジックバンドを機械で読み取っているスタッフの方が見えたのでわりとすぐに入り口を見つけることができました。

入場時間とほぼ同時刻くらいに着いたのですが、会場にはすでに人がいっぱいで渡したたちは4列目でした。

wdw-6-9

場所によっては柱や木が立っているので要注意です

会場に入ってからはひたすら待ち続けていたのですが、悪天候のため9時開始予定が9時10分、9時15分と伸びて、最終的に始まったのは9時30分頃に。
開始時間が伸びたせいか帰る人も出てきたため、最終的に2列目に移動することができました。

湖の真ん中で花火が上がるのですが、意外と近くてびっくりしました。

私たちはファストパスエリアで見ましたが、湖に面しているところであればどこからでもよく見える気がします。(むしろファストパスエリアの前列の方は段差がなく、全員立ち見なので身長が低い人だと埋まってほぼ見えない可能性があります)

レーザー光線や花火が一気に打ちあがる様子は大迫力で、とてもきれいでした。

本編#7に続く

スポンサーリンク
おすすめの記事