WDW旅行2018:本編#1 1日目①(自宅からオーランド国際空港)

ついに行ってきました、ウォルト・ディズニー・ワールド(WDW)!

6月にWDWへ旅行に行くことが決まり、いろいろと準備を初めて早3カ月。
航空券もホテルもパークチケットも全て個人手配だったため、日本語での情報不足に悩まされたりやシステム不具合に苛立ったりすることも多々ありました……。

それでもなんとか2人で乗り越え、7泊9日という長い旅行を楽しんでくることができました。

できる限りの準備をしたつもりでしたが、実際に行ってみて初めてわかったことも多くあったため、このWDW旅行で経験したことをこれからみなさんと共有していきたいと思います。

まずは忘備録として、1日目から各日程の出来事を書き残していきます。

自宅から羽田空港へ

飛行機は夕方の搭乗でしたが、ペットを預けるため朝一でペットホテルに向かいます。
この時、ちょうど朝の通勤時間帯だったためタクシーが捕まらず、Uberを利用しました。

ペットと普段与えている食事や食器、おもちゃ等も一緒に預けて涙のお別れです。

ペットホテルについてはこちらの記事で紹介しているので、ペットを飼っている方はぜひ参考にしていただければと思います。

ホテルに預けた後は電車で羽田空港に向かいます。

いつもならリムジンバスで向かうところでしたが、今回はクレジットカードのサービスでスーツケースを事前に空港に送ることができたため、リュック一つで向かうことができました。
重いスーツケースを運ぶことなく、身軽に移動できるのは本当に楽で無駄なエネルギーを使わずに済むので非常にオススメです!

詳しくはこちらの記事をご参照ください。

お昼ごろ羽田空港へ到着し、まずはスーツケースを受け取りに手荷物受取カウンターへ。

受け取ったスーツケースにいくつか荷物を詰め替えたりした後、デルタ航空のカウンターに向かいます。
カウンターが開いてすぐに行ったのですが、私たちが乗るミネアポリス行きの便の前にロサンゼルス行きの便もあり、両方の乗客が一気にカウンターへ押し寄せてものすごい長い列ができていました…。

が、夫がSKY PRIORITY専用のカウンターを見つけてくれたのですぐさま移動。
SKY PRIORITY専用カウンターは2~3組しかいなかったのですぐに手続きが終わりました。

荷物を預けた後は保安検査や出国審査を終えてラウンジへ向かいます。

本当は無料の軽食サービスがあるTIAT LOUNGEへ行きたかったのですが、ビジネスクラス以上でないと入場できないらしく(アメックスプラチナカードでの入場は今年から不可になったそうです)仕方なくSKY LOUNGE へ。

wdw-h-1-1

無料のドリンクサービスと有料の軽食サービスがあったので、ドリンクをいただきながら搭乗時間まで夫とのんびり過ごします。

国際線搭乗

搭乗時間にゲートへ向かい、いよいよ国際線に搭乗です。

wdw-h-1-2

国際線の席はデルタ・コンフォートプラスだったので、普通のエコノミークラスよりほんの少しだけ広くなっています。

私たちは通路側と真ん中の席を抑えており、窓際の人はかなり足癖の悪い男性でがっかりしましたが、離陸してすぐに別の席に移動してくれたので(全体的に空席が目立っていました)3人席を2人で自由に使うことができました。

機内では各々、PCで作業したり(夫は有料のWi-Fiサービスに申し込んでいました)、映画を見たりしていました。

機内食は離陸後すぐの夕食と夜中の軽食(ラップピザとハーゲンダッツのアイス)、着陸前の朝食で、味はまあまあ悪くないかなぁという感じでした。

wdw-h-1-3 wdw-h-1-6

ちなみにデルタ・コンフォートプラスのアメニティーは、ブランケット・スリッパ・歯ブラシ・アイマスク・耳栓・イヤホンが用意されていました。

wdw-h-1-7

ミネアポリスで国内線に乗り継ぎ

そうこうしているうちにあっという間に国内線への乗り継ぎ場所、ミネアポリス・セントポール国際空港に到着です。

入国審査に向かうと、ESTA登録者はこちらにと機械がいくつか並んでいる場所に案内されます。

ひたすら画面の指示に従って、パスポートをスキャンしたり、質問に答えたりすると、レシートのようなものが印刷され、それを持って入国審査官のいる列に並びます。
どうやらこの機械はAPC(Automated Passport Control)と呼ばれるもので、入国審査の待ち時間短縮や混雑緩和を目的に導入されたようです。
ネットで調べてみると、ESTAを取得して2回目以降の入国者が対象との記載もありましたが、夫は初入国、私はパスポート更新後初めての入国でも普通に利用することができ、そのまま問題なく有人の入国審査も終えることができました。

なお、このAPCの機械は最初に言語選択をするのですが、日本語表示があるので安心です!
(2人とも初めてで最後までよくわかりませんでしたが、指示通りに操作したらどうにかなりました。私は指紋が読み取れませんでしたが、それもどうにかなりました…多分)

入国審査後はスーツケースをピックアップし、またすぐに預けて、保安検査を通れば後は国内線の搭乗を待つだけです。

ミネアポリス・セントポール国際空港にあるラウンジは搭乗ゲートからは遠かったので、ゲート近くの椅子に座っておとなしく待っていました。

人生初のファーストクラス

ミネアポリス・セントポール国際空港からオーランド国際空港までは国内線で3時間くらい。

国内線もデルタ航空を利用したのですが、今回乗ったのはなんとファーストクラス!
旅行出発の2日前に突然メールで無償アップグレードの連絡が来て、本当に乗ってしまいました!!
あくまで国内線なので、国際線のようなフルフラットの広~い座席ではなく、普通の座席よりは広くて余裕がある程度でしたがとても快適でした。

wdw-h-1-4

座席についてすぐに飲み物をもらえて、軽食のサンドウィッチもホカホカで美味しかったです。(むしろ軽食とは思えないレベルのボリュームでした)

wdw-h-1-5

長旅で疲れてはいましたが、ゆったりと過ごすことができました。

そして気づけばオーランド国際空港に到着です。いよいよここからWDWに向かいます。

本編#2に続く

おすすめの記事