東京ディズニーリゾートの年間パスポートを購入しました

2018年のクリスマス、あるものを夫婦2人のプレゼントとして購入しました。

何を購入したかというと、東京ディズニーリゾートの年間パスポート(2パーク共通)です!

いつか買いたいとは思いながらもずっと踏み止まっていたのですが、ついに購入することに。

そこで今回は、なぜ年間パスポートを購入するに至ったかという理由と購入時の手続きについて詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク

年間パスポートの種類

年間パスポートとは、対象パークを1年間楽しめるパークチケットです。ご購入時にご本人の写真を撮り、年間パスポートを作成いたします。

東京ディズニーリゾートの年間パスポートには以下の3つの種類があり、対象となるパークがそれぞれ異なります。

  • 2パーク年間パスポート(東京ディズニーランド /東京ディズニーシー)…¥89,000(大人 ・ 中人)/¥56,000(小人)/¥75,000(シニア)
  • 東京ディズニーランド年間パスポート(東京ディズニーランド )…¥61,000(大人 ・ 中人)/¥39,000(小人)/¥51,000(シニア)
  • 東京ディズニーシー年間パスポート(東京ディズニーシー)…¥61,000(大人 ・ 中人)/¥39,000(小人)/¥51,000(シニア)

年間パスポートを作成すると、1年間の有効期限内であれば自由にパークに入場することができますが、制限事項が2つあります。
1つは入園制限中のパークでは料金できないこと、2つ目は全ての年間パスポートに使用不可日が設けられていること2018年3月1日以降に購入した年間パスポートのみ対象)です

使用不可日は主に連休などの事前に混雑が予想される日に設定されており、土日祝日も含まれます。
現時点では2020年5月までの使用不可日が発表されており、以降の日程については毎年1月・4月・7月・10月のあたまに翌3ヶ月分を東京ディズニーリゾート公式サイトにて確認できます。

Tokyo-Disney-Resort-Annual-Passports-1

東京ディズニーリゾート公式サイトより

年間パスポートを購入した理由

上記にある通り、東京ディズニーリゾートの年間パスポートは決して安くはなく、また除外日も設けられています。

それでも購入したいと思ったきっかけは、ずばりもっとたくさんのディズニーリゾートの写真を撮りたいから。

これまで、WDW旅行をきっかけに写真と動画撮影にハマり、様々な場所で撮影練習を重ねてきました。

実は今年の12月上旬に東京ディズニーシーに写真と動画撮影の練習を兼ねて遊びに行ったのですが、笑ってしまうくらい太刀打ちできませんでした…
機材不足と実力不足を痛感すると同時に、来年のWDW旅行でも同じ思いをするのではないかという一抹の不安を感じました

写真も動画ももっと練習したい、いろんな被写体を撮りたい、そう考えた時に東京ディズニーリゾートはぴったりの場所でした。

私たちは都内に住んでおり、お互いの勤務地も都内なので、休日はもちろん会社帰りに寄ることも可能ですし、写真撮影に飽きたらパークで遊んだり買い物したりすることもできます。
何より、パーク内は季節ごとの様々な飾り付けはもちろん、絵になる景色が非常に多く、パレードやショーの撮影も可能なので、写真も動画も好きなだけ練習できます。(本格的なカメラを構えてもあまり浮かないのも嬉しいです)

これらの理由から、夫婦2人とも好きなディズニーで写真や動画の腕を磨こうと決心して、年パス購入に踏み切りました。

年間パスポートの購入方法

東京ディズニーリゾートの年間パスポートは下記の2箇所で購入可能です。

  • 東京ディズニーリゾート・チケットセンター(イクスピアリ内)
  • イーストゲート・レセプション(東京ディズニーランド 入り口ゲート横)

年間パスポートの作成にあたり、氏名と生年月日が記載されている本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)が必要なので必ず持って行きましょう。

今回私たちは東京ディズニーリゾート・チケットセンターで購入したため、そちらでの購入方法を詳しく取り上げたいと思います。

Tokyo-Disney-Resort-Annual-Passports-2
Tokyo-Disney-Resort-Annual-Passports-3

東京ディズニーリゾート・チケットセンターはイクスピアリ内の1階にあり、入り口横に大きく名前が書かれているのですぐにわかると思います。

中に入るとチケット売り場がいくつかに分かれているように見えますが、列は一列になっていて、チケットの種類にかかわらずで順番に空いたカウンターで手続きをします。

自分の番がきたら、まずはどの種類の年間パスポートを購入したいかを伝えます。
キャストの方がパスポートの種類に合わせて「年間パスポート作成申込書」を用意してくれるので、内容に問題ないことを確認したらお会計です。

Tokyo-Disney-Resort-Annual-Passports-4

お会計は現金の他、クレジットカードでも支払い可能なので、ぜひここはクレジットカードを利用してポイントを貯めましょう!
お会計を終えると申込書を持ってカウンターの奥にある記帳台のある部屋に移動します。

Tokyo-Disney-Resort-Annual-Passports-5

記帳台で住所や氏名等を記入し終えた後は、年間パスポートに使う写真を撮影するために個室のある方(カウンターの反対側)に移動します。

個室は3つありましたが、人が少ないからか今回は1番の部屋のみ使われていました。

Tokyo-Disney-Resort-Annual-Passports-6

前の人が終わると「次の方~」と呼ばれます。

個室の中は狭く、椅子と荷物入れがあるだけでした。
向かい側には小さな画面とカメラがあり、壁の向こう側にスタッフの方がいてマイク越しに話されるのですが、こちら側からは画面しか見えません。

Tokyo-Disney-Resort-Annual-Passports-7

個室に入って椅子に座ると申込書と本人確認書類を渡すように指示があるので、小窓から渡します。
フルネームを伝えて本人確認をし、本人確認書類を受け取ると、いよいよ写真撮影です。

目の前の画面に撮影の位置が表示されるのですが、ある程度はスタッフの方が調整してくれます。

「撮りまーす」という声で撮影すると、画面に撮った写真が表示されるので確認します。
奇跡的に私は一枚目で綺麗に撮れたので1回で済みましたが、撮り直しも可能です。

 個室の中には大きな鏡もあるので髪型等をサッと直すことはできますが、個室に入ってすぐに写真撮影が始まるため、お化粧や髪型をしっかり直したい、という場合は事前にお化粧室に寄っておいた方がいいです◎

Tokyo-Disney-Resort-Annual-Passports-8

撮影した写真でOKであればそのまま個室内で2~3分待機すると、その場で出来上がった年間パスポートを受け取ることができます。
名前と有効期限を確認し、問題なければこれで完成です!!

もう少し時間がかかると思っていましたが、意外とあっという間にできてとってもびっくりしました…!

ちなみに、ディズニーなので写真撮影もさぞかしテンション高く行われるだろうと思いきやかなり冷めたお兄さんだったのでちょっとびっくりましたが、無理に笑顔を強要されたりしないので気楽に撮影できました(笑)
逆にチケットカウンターのお姉さんにはお会計終了後に「いってらっしゃい、素敵な一年を~!」と言われたのがとても嬉しかったです。

まとめ

今回は東京ディズニーリゾートの年間パスポートの購入理由と実際の購入方法を紹介しました。

確かに値段は高いですが、やりたいことがたくさんあり、こうして書いてる今も早く行きたいと思っているので、購入してしまったという後悔は1ミリもありません。

これから年間パスポートを使って色々な写真を撮影し、夫婦2人の撮影技術を磨いていきたいと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事