romascar-1

先日、箱根に旅行へ行ってきました。
その際、乗車したのが小田急のロマンスカー。十数年ぶりにロマンスカーに乗って興奮冷めやらない筆者です。

小田急電鉄に乗る機会が滅多になく、予約から乗車までが色々と新鮮でした。
今回はロマンスカーの予約方法から乗車体験記まで、全て紹介します!

スポンサーリンク

ロマンスカーとは

ロマンスカーは小田急電鉄が運行しています。
基本は、新宿を起点に箱根湯本まで座って行ける、完全指定席の特急電車です。

展望席のある編成をオススメします

やはり有名なのは先頭車両にある展望席です。
GSEとVSEという車両にあります。(2019年3月時点)

gse70000

GSE(70000形)

vse50000

VSE(50000形)

写真は小田急ホームページより引用

ロマンスカーに乗車するのであれば、ぜひ一度は体験して頂きたい展望席です。

展望席は座席数が少なく予約困難

GSE、VSE共に、先頭と後方車端に2席+2席を4列(16席)ずつ設置されています。

gse_seatingchart01

GSEの先頭車両(1号車)の座席表です

見ての通り、座席数は少なく、前席であればあるほど予約が困難になってきます。

ロマンスカーを予約してみよう

ロマンスカーの予約方法は3種類ある

ロマンスカーの指定席を予約する方法として、3つの方法があります。

  • インターネットで予約・購入
  • 電話での予約
  • 窓口(発券機)で予約・購入

筆者はインターネットで予約しました。
自宅で購入できることが一番気楽でいいです。

インターネットからの予約方法は2種類ある

インターネットから予約する場合は2種類の方法があります。

今すぐ予約・購入ができるe-Romancecarを利用する方法と、ロマンスカー@クラブに会員登録して予約する方法です。

e-Romancecarとロマンスカー@クラブの主な違い

e-Romancecarロマンスカー@クラブ
会員登録必要なし事前にウェブサイトでの会員登録が必要
支払方法クレジット決済。 (予約のみ行った場合は、券売機、窓口等にて購入可能)現金またはクレジットによる積み立てたポイントにより支払
利用特典なし利用実績に応じて小田急ポイント付与?(1~5%)
特急券の取り扱い電子特急券情報 (印刷または端末画面)+クレジットカード電子特急券 (画面) のみ

筆者はロマンスカー@クラブに登録しました。
予約の管理が簡単で、急きょ帰宅日にロマンスカーの予約時間変更をしたんですが、これがネットだけで完結して非常に楽でした。

ちなみに、切符を発券すると取り消し料が必要となりますが、ロマンスカー@クラブは電子特急券なのであらかじめ切符を発券する必要はありません。

予約は1ヶ月前の午前10時から

ロマンスカーの予約は1ヶ月前の午前10時から始まります。
特に展望席はあっという間に埋まってしまいますので、10時ピッタリに予約を始められるように準備をしておきましょう。

1ヶ月前っていつ?
発売開始は1ヶ月前の同日です。
3月31日の1ヶ月前は…
3月1日になるので注意しましょう。

ロマンスカー@クラブについて

ここでは筆者がオススメするロマンスカー@クラブについて解説します。
romanscar-club-hp

ロマンスカー@クラブとは

ウェブサイトでロマンスカー@クラブ会員へ登録すると、携帯電話、パソコンで特急券をカンタンにご予約でき、キャッシュレスで購入できます。
ロマンスカー@クラブにログイン可能な携帯電話またはスマートフォンをお持ちの方は、購入した特急券を発券せずに特急ロマンスカーへご乗車できます。
特急ポイント積立に必要なクレジットカードの登録をOPクレジットにすると、特急券購入時に小田急ポイントカードのポイントが付与されます

展望席を希望の方は、ロマンスカー@クラブに会員登録した方が良いと思います。
会員情報が登録されているので非常にスムーズに最短での予約が可能となります。

もうひとつのオススメは、前述していますが予約の変更・キャンセルが簡単にできることです。
急な予定の変更なども手数料がかからず、外出先ですぐできます。

購入にあたっての注意点

ロマンスカー@クラブで購入する場合、クレジットカードでポイントを購入する必要があります
クレジットカードで特急券を直接購入することはできません。

1000円 = 1000ポイント単位で事前に購入する必要があり、現金化(払い戻し)することは可能ですが、ロマンスカー@クラブでの予約がない(全て予約が消化されている)ことが条件となります。

romanscar-cancel
最初に買ったポイントの余り(2,640円)を返金(正確にはクレジットカード情報の削除)している画面です。
きちんと全額返金されますので安心です。

ロマンスカー乗車記

券売機で目的地までの乗車券を購入するか、Suica・Pasmoなどを使って乗車するだけです。
小田急電鉄の職員さんに確認しましたが、ロマンスカー@クラブで購入した電子特急券は必要に応じてスマートフォンなどの画面を見せれば良いそうです。

車内でロマンスカーの特急券(電子特急券)のチェックは特にありませんでしたが、車掌さんが端末と座席をチェックしていましたので、空いているからといって他の座席に座ることはNGでしょう。(当たり前のことですが)

箱根湯本へは新型ロマンスカー「GSE」(70000形)に乗車

2018年3月から営業運転が開始された新型ロマンスカー「GSE」(70000形)に乗車することができました。
romascar-1

予約時に狙った座席はもちろん展望席でしたが、最前列は取れずに2列目になってしまいました。。。
それでも大きな窓で眺望は最高です。

romanscar-mae-1
romanscar-mae-2

ただ、座席間隔は少し狭いような気がしました。(他の展望車両を知らないので、こんなものなのでしょうか)

車内販売もありますが、車内でお弁当を食べたい方は事前に購入しておいた方が良いかもしれません。

帰宅時のロマンスカーは「MSE」(60000形)

当初は「VSE」(50000形)のサルーン席を予約していました。
vse-saloon

4人定員の半個室で3室用意されているそうです。
定員4名までで、何人でも4名分の特急料金が必要となります。

しかし、帰宅時間を早めたこともあり予約をキャンセルし「MSE」(60000形)で帰宅することにしました。
こちらは展望席はなく通常の指定席のみとなります。

mse6000
mse6000-1
mse6000-2

まとめ

箱根といえばロマンスカーを思い浮かべる方も多いと思います。

筆者は幼少期以来、数十年ぶりにロマンスカーに乗車しました。
やはり展望席からの眺めは抜群で、一度は最前の展望席に座ってみたい願望がより強くなりました。それほどGSEの展望席は眺めが良かったです。

かなりの争奪戦で、コンマ何秒の差ですぐに埋まってしまうみたいです。
実際、翌日の展望席もチャレンジしましたが、やはり最前列は埋まっていました。

迷うことなく予約を取るには、あらかじめシュミレーションしておくことが大切かもしれませんね。

スポンサーリンク
おすすめの記事