ペットホテルを予約しよう

我が家にはペットがいます。
もうすぐ2歳になるモルモットです。

もんちゃん
モルモットのもんちゃんです。僕はどこでお留守番するの?

9月に海外旅行に行くにあたり、この子の宿泊先も決める必要があります。

家族や友人に一時的に預けるのも一つの手ですが、お互いの実家が遠い上、犬や猫ほどポピュラーな生き物ではないため、ペットホテルに預けることにしました。

スポンサーリンク

エキゾチックアニマルでもペットホテルは泊まれるの?

エキゾチックアニマルとは

エキゾチックアニマルとは、犬や猫以外の動物のことを総称した呼び方です。

一般に、犬・猫以外のペット動物全般を総称して「エキゾチックアニマル」と呼びます。
エキゾチックアニマルに属する動物の種類は無数にあり、しかも年々増加していますが、代表的なものにはウサギ、ハムスター、フェレット、モルモット、文鳥やインコ、カメなどがあります。

「エキゾチックアニマル」という言葉はあまり耳にしたことがない方も多いかもしれませんが、ハムスターやウサギ自体はよく知られているのではないでしょうか。
最近ではハリネズミやデグーなどもペットとして人気があり、昔と比べるとエキゾチックアニマルの飼育数は増えたようですが、やはり犬や猫に比べるとエキゾチックアニマルの飼育や医療に関する情報はまだまだ少ないのが現実です。

宿泊可能なペットホテルはあるのか?

結論から言うと、エキゾチックアニマルでも宿泊可能です。
ただし、宿泊先はかなり限られています。

通常の検診や治療を行う動物病院においてもエキゾチックアニマルは診療の対象から外れることが多いのですが、ペットホテルも同様です。

私がペットホテルを探す際に真っ先に思いついたのは、毎月通っている動物病院に併設されているペットホテルでした。
その動物病院は犬や猫はもちろん、ウサギやフェレット等も診療対象になっており、うちの子も検診や治療で1年近くお世話になっています。
自宅からも近いので可能であればそこにへ預けたかったのですが、問い合わせたところ、ペットホテルは犬・猫のみ対象とのことでした。

エキゾチックアニマルのペットホテルについてインターネット上で検索してみましたが、圧倒的に犬・猫向けのホテルが多く、エキゾチックアニマル可能な場合でもウサギ・モルモット・ハムスター・フェレットと一部の小動物のみ対象という場合が多い印象です。

また、私は東京都内の動物病院を探していたため比較的見つけやすかったのですが、地域によってはさらに数が絞られる可能性もあります。

羽田空港でも利用できるペットホテルもあるらしく、車がある方やタクシーで行かれる場合はこのホテルも便利かもしれません。

予約したペットホテルについて

今回予約したペットホテルは、動物病院併設のペットホテルです。

モルモットが宿泊可能であることはもちろんですが、下記の理由が決め手となり、予約することになりました。

  • 以前通っていたので動物病院の雰囲気を知っており、もんちゃんのカルテがある
  • 健康管理や衛生管理がしっかりしている
  • 宿泊中だけでなく帰宅後のサポートも実施している

なお、旅行に行くことが決定した後すぐに連絡したので、宿泊予定日の3カ月前には予約を確定しました。

宿泊料金

宿泊料金についてですが、モルモットの場合は約2,500円×日数分。
1日ごとの計算になるため、2泊3日の場合は3日分の金額になるそうです。

ちなみに犬と猫の宿泊料金については、小型犬が約4,000円、猫が約3,000円で、それぞれ日数分の料金がかかるとのことです。

他のペットホテルでも、モルモットの宿泊料金は1泊2,000円~3,000円くらいのところが多かったです。

その他

モルモットの場合、ワクチンの接種や寄生虫駆除は必要ないので、ペットホテルからの注意事項等は特にありませんでした。

持ち物については、ご飯(ペレットとチモシー)と、もしあればおもちゃ等を宿泊の際に持って来てほしいとのことでした。
ペットホテルによっては普段使用しているケージが必要なところもあるようですが、予約したところでは必要ないそうです。

まとめ

犬や猫に比べるとペットホテルの数は少ないですが、エキゾチックアニマルでもペットホテルに宿泊可能です。

ホテル環境や管理方法等はそれぞれ異なると思いますので、宿泊する場所がどんなところか細かくチェックしながら、大切なペットが快適に過ごせるペットホテルを見つけてあげてください。

もんちゃん
性格にもよるから、僕たちのことを一番に考えてね。
スポンサーリンク
おすすめの記事