watabe-tuxedo-fitting

結婚式に消極的な夫婦が海外で結婚式を挙げるまでの道のりを記録するシリーズの第7回目です。

現在進行形で状況が進んでいるので、挙式までのリアルな過程をお楽しみください。

第7回目では、タキシード選びの様子をシェアしたいと思います。

ウエディングドレスに続き、タキシードの金額や小物選びのポイントについても紹介しますので参考にしてもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク

タキシードに関する事前アンケート

前回のウエディングドレス選びと同じように、タキシードについても専用のアプリで事前に2種類のアンケートに回答します。

1つ目のアンケートは、新郎の身長や体重などのサイズに関係するものと、好みの色やタキシード選びの際に重視する項目など、衣装全般に関するもの
新婦向けのアンケートが13問あったのに比べると、新郎向けのアンケートは問と少なめです。

watabe-tuxedo-fitting-1

もう1つのアンケートは、着てみたいデザインを選ぶもの
こちらも75着分あったウエディングドレスと比較すると、25着と全体的に数は少ないです。
この中から試着してみたいデザインを10着選びます。(この時はまだ値段はわかりません

うちの夫はタキシード選びにも一切興味がなかったので私が勝手に選んだのですが、紳士服に疎いからか、正直色の違いくらいしかよくわからなかったです…。(そして色も似たり寄ったりに見えました)

新郎衣装合わせ当日

これまでと同じく打ち合わせは新宿グランドプラザです。
朝の一番早い時間帯だったのですぐ通されるかと思っていたのですが、ラウンジで少し待ち時間がありました。

しばらくすると、ウエディングドレスの試着を手伝ってくれたスタッフの方がお迎えに来てくれました。

タキシードを試着する場所は、ウエディングドレスのフィッティングエリアよりもさらに奥にあります。

ウエディングドレスが並んでいるところよりもこじんまりしていてスーツ専門店みたいな感じでした。
色ごとに分けられたタキシードが、壁の両端にずらっと並んでいます。

 

タキシードの価格

来店前に事前アンケートを回答したのですが、ウエディングドレス試着時のように回答済みのアンケート用紙は用意されておらず、アンケートでどんなタキシードを選んだかも把握されていないようでした。(タキシードを選ぶアンケートは前夜に回答したので確認の時間がなかったのかもしれません…)

好みの色やデザインを聞かれたのですが、特に希望はないことを伝えると、ウエディングドレスの時のようにiPad上のカタログを見て決めることに。

タキシードもセミオーダーとレンタルの2種類があり、ここで初めてそれぞれの価格がわかります。
私たちはレンタルを探していたのですが、最低価格で88,000円、その他は128,000円〜138,000円とウエディングドレスのように大きな価格差はありませんでした。

ちなみに88,000円のタキシードはこちら。

MRS-7

「Wedding Story」より「MRS-7」

MRS-8

「Wedding Story」より「MRS-8」

ただし、新郎の場合、パッケージ料金に含まれている衣装代は20,000円なので、多かれ少なかれ代金の支払いは必須になります。

なお、セミオーダーでもウエディングドレスほどずば抜けて高くはなく、レンタルとオーダーの価格差も小さいです。
レンタルで138,000円のタキシードがセミオーダーだと158,000円と、比較的手が届きやすい価格だと思います。

タキシードを試着

アンケート時点でもそうでしたが、夫は全くもって何一つ興味がなかったので、試着の際も私の好みで3着選びました。(3〜4着選べます)

写真だとどうしても細かい箇所がわかりにくいのですが、お姉さんが解説してくれるので安心です。

特に白いタキシードは写真だとどれも真っ白に見えるのですが、物はピンクがかったものやクリーム色っぽいものなど、だいぶ印象が違いました。

以下、夫に着てもらったものを紹介します。

1. AU-62(128,000円)

靴も黒で普段のスーツ姿と似ているからか、かなりしっくりきました。着ている本人も落ち着く様子。

AU-62

試着前は蝶ネクタイを嫌がっていましたが、着てみると結構アリだと思いました。

スタッフの方いわく、私が選んだドレスのスカートがチュール素材で、式場が自然豊かな場所にあるので、明るめの青はドレスや周りの雰囲気とも相性が良いとのこと。
また、挙式後のビーチ撮影でもとても映えるので人気の色だそうです。リゾート婚にぴったりのタキシードでした。

2. AU-53(13万円前後)

写真は真っ白ですが、実物はピンクゴールドのような白いタキシード。
いかにも「新郎」という感じで、着ている夫も見ている私もなんだかソワソワしてしまいました。笑

もちろん靴も真っ白。

AU-53

こちらはネクタイタイプで、かちっとした印象でした。
どちらかというと国内の式場でしっとり着るイメージ。

似合わないわけではないですが、今回はちょっと雰囲気が違う気がしました。

3. AU-57(13万円前後)

ホワイトと並んでベーシックなシルバー。
写真だと光って見えますが、実物はそんなに光沢感は強くないです

こちらもネクタイタイプですが、大剣幅が太く広がったデザインの面白い形。

全体的に可もなく不可もなくという感じで、悪くないものの、いまいちピンとはこなかったです…。

ちなみにベストはちょうどいいサイズがなく小さめなのでボタンが閉まってません

AU-57

3着試着しましたが、はじめに試着したAU-62の青いタキシードが想像以上にぴったりだったので、満場一致で最初のタキシードに決定。

全ての試着を30分で終えるという驚異的な早さでした。

スタッフの方いわく、女性に比べると男性は全体的に決定するのが早いらしいですが、中には全ての色味を試す方もいるのでうちの夫は決断力が素晴らしいとのことです。
ドレスと違って全部一人で着替えられるので、試着もそこまで大変ではなさそうでした。

新郎が必要な小物類

タキシードを着用する場合、下記の小物が必要です。

小物類
  1. タイ
  2. サスペンダー
  3. チーフ
  4. カフスボタン
  5. アームバンド
  6. グローブ
  7. ウィングカラーシャツ
  8. 肌着
  9. 靴下
  10. ハンカチ(必要なひとのみ)

    タキシードをレンタルする場合、1~7までは全てレンタル料金に含まれていますが、8~11(シャツ・肌着・靴下・ハンカチ)については自分で用意しなければいけません。

    なお、レンタルできるものでも持参するのはもちろんOKです。

    特にサスペンダーに関しては、ビーチ撮影時に暑くてシャツ姿で撮影することもあるので、自分好みのものを用意する人も多いとか。
    リゾート婚で着用するタキシードは、全体的に軽く風通しのいい生地が使われているものの、やはり外に出ると暑いようなので、こだわり派は小物で個性を出すといいかもしれません。

    また、ウィングカラーシャツに関しては、自分で好きな物を探すほかに、ワタベウェディングでレンタルや購入することもできます。
    価格はレンタルが5000円で、購入が10,000円。
    ビーチ撮影などで汗びっしょりになってもそのまま脱いで置いていけるのがレンタルのメリットで、他の人で結婚式に参加する機会が多い人は自分専用に購入してしまうのもありとのこと。

    どちらにするかすぐには決められなかったので、とりあえず我が家は自分で探すことにしました。

    タキシードの試着を終えて

    タキシードの試着後は、体のサイズ(バスト、ウエスト、ヒップ)を測って終了。
    ちなみに、ウエストは調整可能なのでものすごく一気に太らなければ、ある程度の増減は大丈夫みたいです。

    最後に見積書を発行してもらい、署名します。
    タキシードもウエディングドレスと同じように「衣装あんしん制度」という補償があるので、心配な方は加入しておきましょう。
    タキシード1着(小物含む)につき5000円で加入できます。

    余談ですが、ウエディングドレス、タキシードともに、約款には「申込金50,000円を受領した日が契約日」とあるものの私たちは署名以外のことはしていなかったので、ふと気になって聞いてみると、会場申し込み時にすでに50,000円を支払っているため、衣装申し込み時の入金は必要ないとのこと。
    ただし、契約日は見積書に署名した日になるので少し注意が必要です。

    これでタキシードの衣装合わせは全て完了です。
    タキシードのみの試着だと1時間半の枠だったのですが、契約書の説明等を含めても50分強とあっという間でした。

    次回はオプション等の話し合いとのことで、担当からの連絡を待ちます。

    海外挙式#8に続く

    スポンサーリンク
    おすすめの記事