misawa-tochi

こんにちは、もんブログのカツです。

今回からミサワホームと土地探しを始めます。

お住いの地域によって体制は変わるとのことですが、今回私たちの住まいは東京付近で探すところからスタートします。

スポンサーリンク

ミサワホームと初打ち合わせ

ミサワホームとミサワホーム不動産

ミサワホームの土地探しは、ミサワホームの子会社であるミサワホーム不動産がお手伝いをしてくれます。
昔は同じ会社の別部門だったらしいです。

今回担当していただけるミサワホーム不動産の方の役職は「課長」。
営業担当の方は「課長代理」なので経験値としては申し分なくて安心です。

土地探しの前に…

お互いの紹介が終わったあとに基礎知識のお勉強。

土地を探す前に、前提となる基礎知識、資金計画や住宅ローン、土地や建物の立地(東西南北)による制限や、今回かかる費用の考え方など、資料を準備しておいてくれました。

土地探しのヒアリング

ここは、前回のヘーベルハウスとの打ち合わせ同様、自分が住みたいエリア、逆に住みたくないエリア、どこまでなら動けるか、家からの通勤時間の兼ね合いなど、様々な要望をお伝えしました。

ヘーベルハウスとの違いは、GW連休中は情報が少ないため、連休が明けた週末に打合せをすることになったこと。
とちらかというと、ヘーベルハウスは急かされているイメージがあって、前回の土地案内もあっという間でした。

ミサワホーム不動産の場合、次回の打合せ前までには資料もメールで送付しますとのこと。
やっぱりある程度の知識は頭に入れて打合せには望みたいですからね。

参考資料が本当に参考になる

土地から探す私たちですが、素人なので知らないこともたくさん。

今回の打合せでいただいた「土地探しの手引き」が非常に参考になったので、ミサワホームで土地探しを始められる方にはぜひとも入手していただきたい参考資料です。

中身は参考プランや資金計画表、住宅ローンの銀行金利一覧などあったり、土地の建ぺい率や容積率などの解説資料があったりなど、盛りだくさんな内容となっています。

きちんと土地情報をくれました

ヘーベルハウスの提携不動産屋は事前に送ると約束いしていたメールをくれず失望していましたが、ミサワホーム不動産はきちんといただくことができました。
当たり前かもしれませんが。。。

しかもしっかり、複数のエリアでだした希望も組み込まれています。
それと同時に、自分たちの要望を自分たちの予算で叶えるのは厳しい状況だなと実感も。

今回の一戸建て建築に関する我が家の方針は、絶対に任せっきりにしないこと。
少なからず知識がある筆者に偏りがちになりそうですが、きちんと妻にも打合せに入ってもらっています。

お互いに責任感も生まれるし、これは筆者自身も妻に任せっきりにしない戒めでもあります。

次回はいよいよ本格的な土地の打合せです。
妻とも事前に意見をすり合わせておかないといけませんね。

スポンサーリンク
おすすめの記事