購入レビュー|off tocoシリーズの高機能リュック

皆さんは旅行へ行く際はどのようなバックを持っていきますか?

これまで旅行へ行くときはいつもショルダーバッグを使っていたのですが、荷物が多いと片側に重みがかかり肩が痛くなってしまっていました。

今回の旅行は1週間ほど滞在し、毎日歩き回るような日程なので、体に負担がかからないようにリュックを持っていくことにしました。

プライベート用にリュックを購入したのは初めてだったのですが、とても使いやすいものを見つけたので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

購入したもの

今回購入したものはエレコムから発売されているoff tocoシリーズのリュックです。

ブラック・グレー・ライトグレー・ネイビーの4色があり、私はネイビーを、夫がグレーを購入しました。(夫も気に入って夫婦二人で色違いで買いました)

offtoco-2

二気室構造

このリュックの良いところはたくさんあるのですが、1番のお気に入りはニ気室構造になっていることです。

リュックのように縦長のバッグだと下の方に入れた物の上に重ねて物を入れるため、取り出しにくいイメージがあったのですが、これは空間が上下2つに区切られているため物が埋まることはありません。
下側の収納口は横から開けるタイプですが、ダブルファスナーになっており口が大きく開けられるので、物の出し入れがとにかく楽!
旧モデルだと横の収納口を留めるところがマジックテープだったのですが、新モデルはマグネット式になったので、蓋をパチっと留められてファスナーの上げ下げも楽ちんです。
(ちなみに、このファスナーは上下ともに輪っかになっているので、この輪っかを合わせて留めて簡易ロックをかけることができるのも◎。盗難防止に南京錠をつけることもできます)

offtoco-3offtoco-4

リュックの内側が外の色と逆の明るい色の記事(例えばネイビーだと黄色、グレーだと水色です)なので、何がどこに入っているかもすぐわかります。

なお、普通のリュックのように、上下が分かれていないリュックとして使いたい場合は、中央の仕切りを外すことも可能です。

offtoco-8

内側に大きなポケットがあり、仕切りを外さなくても13.3インチのPCを収納することができます。

offtoco-9

収納に便利なポケット

ポケットや仕切りで区切られた空間がいっぱいあり、ポーチ等を使わずとも収納場所を分けられるのもお気に入りポイントです。

特に気に入ったポイントは、下側の収納口反対側についている縦長の収納場所。
ここは他とは独立した収納エリアになっており、ペットボトルや水筒(600mlの大きめの水筒も可)が入るのですが、なんと内側が撥水加工になっているので濡れたまま入れることができます!
そのため、飲み物だけでなく、使ったばかりの折り畳み傘をそのまましまうことも可能です。

さらに、同じ場所に細長いポケットがあり、ちょっとしたものを入れられるのも個人的には嬉しいポイントです。
(携帯用ウェットティッシュがちょうど入る大きさなので、外でご飯食べるときに飲み物とお手拭きをサッと出せるのが非常に良いです…!!)

offtoco-5

また、リュック外側の背中部分にもポケットがあり、ここに肩ベルトをしまうことができます。
リュック上の方に持ち手がついているので、肩ベルトを2本ともポケットにしまうと手提げになりますし、2本の上下を組み合わせてショルダーバッグとしても使えるようになっています。

加えて、ポケットの外側にバンドがついているので、スーツケースのハンドルにリュックを固定することもできます。

ちなみに、ポーチに物を入れて分けて収納したい場合、手持ちのものでも良いですが、off tocoシリーズからこのリュック専用のポーチが出ているのでそちらを利用するのもオススメ。

offtoco-6

Box型なのでたっぷり入りますが、可動式の仕切り板があるので、中身がごちゃごちゃしません。
ダブルファスナーの蓋でガバッと大きく開けられるタイプなので、何が入ってるかもすぐ確認できます。
また、蓋の内側にもメッシュポケットが2つ付いているので、細かい物物もすっきり収納できます。
先程紹介したリュックにはこのポーチを3段まで重ねて収納可能なので、空間を無駄なく最大限使えるのが嬉しいところですね。

見た目は結構スリムですが、荷物はしっかり入るのがこのリュックの大きい特徴です。
荷物の少ない方ならこれ1つで1泊2日の旅行に行けるくらい、とても便利なリュックなのでとてもオススメです。

off tocoシリーズ

off tocoシリーズは他にもいろいろな種類があります。

先ほど紹介したリュック、実はoff tocoシリーズの中ではPCバッグとして販売されているのですが、同シリーズのカメラバッグも非常に使いやすい作りになっています。

PCバッグと同じく、特徴はシンプルな見た目と抜群の機能性です。

カメラバッグは10種類といろいろなモデルがあり、リュックスタイルのバックパックはPCバッグと同じくらいの容量で1泊程度の旅行にも使えるものや、普段使いにぴったりのコンパクトサイズのものが販売されています。

どちらも2気室に分けたり、1気質で利用したりすることが可能で、それぞれ14インチのPCと9.7インチのタブレットが入ります。

さらに、このカメラバッグにはハイグレードモデルがあり、こちらはより機能性が高いモデルです。

二気室構造でPCの収納可能な上、三脚ホルダーやレインカバーが付いており、取り外し可能なカメラインナーケース(ケース内に調整可能な仕切り板付き)まで付属しているため、本格的なカメラバッグとしても利用できます。

ハイグレードモデルにはMサイズとLサイズがあり、どちらも荷物がしっかり入るサイズです。
PCバッグや通常のカメラバッグに比べるとサイズは大きくなりますが、チェスト&ヒップベルトがついている上、背中側にクッションがついているので、重たい物を入れても疲れにくくなっています。

どのモデルを選ぶべきか

どのモデルも良いところが多いのでとても迷いますが、基本的な特徴(二気室構造、ポケット多い、容量たっぷり等)はどのリュックにも共通しているので、あとはサイズの問題かなと思います。

ちなみに私たち夫婦はPCバッグとカメラバッグ(通常モデル)を生活雑貨店で偶然見つけ、ちょうど良いサイズがPCバッグだったため、そちらを購入しました。

後日、カメラバッグのハイグレードモデルの存在を知り、購入するか迷いましたが、今回の旅行には少し大きかったことと、ペットボトルを入れる撥水加工ポケットがどうしても欲しかったため、購入は見送りました。(ただし、近いうちに国内旅行用としてハイグレードモデルを夫婦で買いそうな気がします…)

まとめ

今回はoff tocoシリーズの紹介をさせていただきました。

見た目は普通のリュックですが、カメラバッグやPCバッグとして販売されているだけあって機能性は抜群です。

カメラバックはバックパック以外にもメッセンジャ―バックやトートバッグも販売されているので、新しいカバンやリュックをお探しの方はぜひこちらも検討されてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事